ブログトップ

カメラの眼で見てきたもの、見ていくもの!

いざ鎌倉・・・・・ン。

北鎌倉ー東慶寺の花達

夕景を撮りたくて・・・でもせっかく鎌倉(時間が少しある)
出足が遅かったので、寺は一つに絞って
北鎌倉で降り、友達が調べて来てくれた、花寺『東慶寺』に向かった!
d0025894_2348899.jpgd0025894_23483411.jpg








門前の階段を上がり
山門をくぐってすぐ右手に
《白木連》の大きな木が有り
その下には株が大きく育った
《福寿草》の花が
チラホラと咲いていました、
そして赤の《ミツマタ》・・・・・。d0025894_094363.jpg
d0025894_084290.jpg

d0025894_0101075.jpg
平日で午後だったせいもあってか? 
人の数も、まばらだったのでゆっくりと、撮る事が出来ました。
[PR]
Commented by geiei at 2007-03-15 06:31
ミツマタ?って初めて見ましたが、赤と白い花弁が混ざった見えますが変わった花ですが、とても趣があって素敵な感じですね。
Commented by peanut-street at 2007-03-15 11:55
こんな素敵なスキンもあったのですねー。
鎌倉は時間がゆっくりと流れている感じがして好きです。
Commented by yokkosan3 at 2007-03-15 11:55
昨年の11月に、逗子に住んでいるお友達の案内で
北鎌倉を散策しました。
久しぶりに会ったものですから話に夢中で、どんな花が咲いていたの
か思い出せません。多分花は少なかったのでしょう。
春にはこうした花々が咲くのですね。赤いミツマタ珍しいですね。
Commented by kamoshiday at 2007-03-15 17:55
鎌倉は、かなり前に一度行った事がありますが、落ち着いたいいところですよね。いつも感心してますが、あーちゃんは、花を撮る構図が上手いですね。感性の良さがにじみ出ています。好きです、こんな写真!
Commented by paranoia2004 at 2007-03-15 21:47
いつの間にかモクレンの白い花びらが目立つ季節になりました。
ミツマタは少し不思議な印象を持つ花?ですね(^^)
Commented by あーちゃん at 2007-03-15 23:33 x
geieiさん、こんばんは!
ミツマタって初めてですか? 私はあえて赤いミツマタを撮りました、
黄色いのは見慣れているからです、隣に黄色のもあったのですが・・・
柵が無ければもっと近づいて撮れたと思います、可愛い花ですよね。
Commented by あーちゃん at 2007-03-15 23:41 x
ばななさん、こんばんは!スキン変更・春色に変えたつもりです。
本当のすみれ色は少し派手すぎなな感じだったので・・・・・・?!
鎌倉全体が、せせこましくない感じですよね、〔街も、建物も、人までも〕
どうしてなのでしょう?
Commented by あーちゃん at 2007-03-15 23:50 x
yokkosan3さん、こんばんは!
あちらの方にお友達ですか? 良いですね、
鎌倉は、何回行っても観方によって、又行く相手によって変わると思いませんか、
その折々、何か感じるものが有る様で好きです! 鎌倉
この時期に又お友達とゆっくりお花を見て歩いて下さい。
Commented by あーちゃん at 2007-03-15 23:58 x
kamoさん、こんばんは!それにありがとう(●^o^●)
鎌倉、是非又行って見てくださ~い。(鎌倉の町の回し者では有りませんが!)
何度行っても、良いとこですし、折々で感じる事がちがう街だと思います、
季節の匂いを感じられる街です。
Commented by あーちゃん at 2007-03-16 00:23 x
paranoia2004さん、こんばんは!
「白木蓮」 好いですよね、私はやはり白い花が好きだから尚更でしょうか?
お店のお客さんの家に大きな「白木蓮」の木が有ります、背景が今一なので
写真、撮った事はありませんが、一度挑戦したいと思ってはいます。
ミツマタって絵に成りづらいと思っていましたが、此れは可愛いと思いました。
by 5355iyoko | 2007-03-15 00:21 | 写真日記 | Comments(10)

趣味で?年間撮ってきた写真や、これから撮っていく写真に、エピソードを添えて進めて行きたいと思っています。

by <script type="text/j
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31